ブルケン・ウエスト鹿児島営業部の住宅事業

家づくりのコンセプト
CONCEPT

私たちが大切にしていること

初めてお会いしたお客さまにいつも申し上げることがあります。それは「家づくりは、お客様とわたくしどもの共同作業です」と。

その理由は、お客さまの思いがいっぱい詰まった個性あふれる「住まい」をご提案したいからです。

住まいの主役は住み手です。

決して作り手が主役の既製品ではあってはなりません。

住み手であるお客さまの希望が隅々まで行き渡るよう、職人一人一人の手により現場でひとつひとつ丁寧に作られる。それこそが注文住宅のあるべき姿だと考えています。

新しい家への要望、実現したいこと、譲れないところ、何でも、思いつく限りのことをお聞かせください。

せっかくの家づくりですから、思いきりわがままを言ってほしい、そう考えています。勿論、技術的、経済的な理由で結果として実現できないことも中にはあるかもしれません。しかし私たちははじめから「それはできない、あれはできない。」という態度はとりたくないのです。

むしろ「あれも、これも、それも実現したい。」というお客さまの思いを真摯に受け止め、持てる限りの知識と能力で実現に向けて努力していきます。

そしてお客さまと一緒に、世界でただ一つの家づくりのプランを練り上げていきたいのです。

わたしたちがご提供できること

間取りが決まっても、続く共同作業があります。それは素材選びや工法の選択です。現場の素材や施工には多種多様な、それこそ100通りの進め方があります。

ここでは規格住宅のように、選択肢の少ない専用カタログの組合せではなく、豊富な素材の自由な組み合わせをお楽しみいただけます。

もちろん私どもがアドバイスしながら。

これまでも、これからも、こつこつと

私たちは、時代のニーズである、健康・環境・高齢化・こだわり・個性の5つのKをキーワードに、光と風をたっぷり取り入れられる住まいづくりをご提案しています。そして大量生産ではなく、ひとつひとつ手作りによる「住まい手のための家づくり」を行ないます。したがって、手掛けられる現場の数は限られています。

これからも棟数を求めるのではなく、作らせていただくみなさまの、それぞれの住まいの質にこだわりながら、お客さまの思いをこつこつと形に仕上げていきたいと考えています。

なぜなら、せっかくいただいた出会いですから・・・。お客さまとの出会いのご一報をお待ちいたしております。

「快適な住まいを求めて」

reform01

住まいは住み手と同じく年齢を重ねていきます。人間の体と同じで、年月と共に劣化してきます。またご自身、ご家族の成長・加齢と共にライフスタイルも変化していきます。

リフォームは『綺麗に』『新しく』といった新築の状態に戻すという意味の他に、『ライフスタイルに併せ進化させていく』といった意義もあります。

住まいに何年も済み続けていく中で育まれる愛着と家族の文化を大切にしながらライフスタイルに合わせた改築、増築、間取り変更、手摺りの取り付けや段差の解消、さらには減築まで、様々な思いを実現することこそが、リフォームがなせる住まいづくりの本質だと考えます。

またマンションやアパートなどの集合住宅も時代と共にニーズが変化していきます。適切に手を入れてあげることで、その価値を保つことが出来るでしょう。

安心のクオリティ

安心のクオリティ

「自由な設計と高品質・高耐久の両立」

ブルケン・ウエストの家は、自由な設計でお客さまの住まいへの思いを十分に実現しながら、同時に高品質、高耐久性を実現した住宅づくりを進めています。ブルケン・ウエストの住宅は、高耐久性能住宅の基準ともいえる住宅金融支援機構の「フラット35S」にも対応いたします。

安心のクオリティ
1. 耐久性・可変性

基礎を高くしたり、床下や小屋裏の換気をしたりすることで、湿気による腐れやしろありなどの被害を受けにくく、また、維持管理、交換の容易な水回りのヘッダー工法を採用します。

2. 省エネルギー

天井や壁・床に高性能の断熱材を施工したり、窓を複層ガラスや、遮熱ガラスとしたりすることで、夏涼しく、冬暖かい快適な室内を実現可能です。さらに、湿気が溜まりやすい壁の中に通気層を設けることで、結露が生じにくくなります。

また、給湯器、空気調和設備などの設備の効率性などについて総合的に評価された住宅施工主の判断基準(トップランナー基準)もクリアしています。

3. 耐震性

一般的な地震による力の1.5倍の力に対して倒壊または崩壊しにくい耐震性の高い住宅を目指しています。地震に強い基礎、必要な量の耐力壁、バランスの良い耐力壁(偏心率)についての検討を行っています。

4. バリアフリー

床の段差をなくし、手すりを設けるなどバリアフリーにします。また、身体機能が低下し、介助が必要になった時のために、寝室やトイレ、浴室などに介助用のスペースを十分に設けています。また、階段も緩やかにして、転倒などの危険を未然に防いでいます。

ブルケン・ウエストの家では上記4項目すべての技術基準を
ご要望に応じてクリア可能です

また、火災保険の料率がお得になる省令準耐火構造の工法を標準化する取り組みも始めています。

トータルサポート

火災保険・地震保険
火災保険
ニーズに合わせた3つの補償プランと各種費用保険金で、マイホームの火災・落雷・風災等のリスクに備えます。
地震費用保険
地震費用保険は、地震被害後の生活を立て直すための費用補償することを目的とした保険です。
瑕疵担保責任保険
JIOの瑕疵担保責任保険「JIOわが家の保険」(特定住宅瑕疵担保責任の履行確保等に関する法律に対応する保険です。) 住宅のなかでも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任に対応した保険です。
税・登記のご相談

家づくりにかかわる税(相続税・贈与税・固定資産税)、登記(表示登記・保存登記・抵当権設定)の相談には、当社指定の税理士・司法書士をご紹介いたします。