ブルケン九州のリフォーム事業

リフォーム事業
REFORM

「快適な住まいを求めて」

reform01

住まいは住み手と同じく年齢を重ねていきます。人間の体と同じで、年月と共に劣化してきます。またご自分、ご家族の成長・加齢と共にライフスタイルも変化していきます。

リフォームは『綺麗に』『新しく』といった新築の状態に戻すという意味の他に、『ライフスタイルに併せ進化させていく』といった意義もあります。

住まいと何年もお付き合いしていく中で育まれる住み慣れた愛着のある、家族の文化を大切にしながらライフスタイルに合わせた改築、増築、間取、手摺や段差の解消など様々な点を改善してこそ、 新築ではえられない、リフォームという住まいづくりの意義あるところだと考えます。

またマンションやアパートなどの集合住宅も時代と共にニースが変化してきます。適切に手を入れてあげることで、その価値を適切に保つことが出来るでしょう。