高品質、高耐久性を実現

家づくりのクオリティ
QUALITY

「自由な設計と高品質・高耐久の両立」

ブルケンの家は、自由な設計でお客さまの住まいへの思いを十分に実現しながら、同時に高品質、高耐久性を実現した住宅づくりを進めています。ブルケンの住宅は、高耐久性能住宅の基準ともいえる住宅金融支援機構の「フラット35S」にも対応いたします。

1.耐久性・可変性

基礎を高くしたり、床下や小屋裏の換気をしたりすることで、湿気による腐れやしろありなどの被害を受けにくく、また、維持管理、交換の容易な水回りのヘッダー工法を採用しています。

2.省エネルギー

天井や壁・床に高性能の断熱材を施工したり、窓を複層ガラスや、遮熱ガラスとしたりすることで、夏涼しく、冬暖かい快適な室内を実現可能です。さらに、湿気が溜まりやすい壁の中に通気層を設けることで、結露が生じにくくなります。また、給湯器、空気調和設備などの設備の効率性などについて総合的に評価された住宅施工主の判断基準(トップランナー基準)もクリアしています。

3.耐震性

一般的な地震による力の1.5倍の力に対して倒壊または崩壊しにくい耐震性の高い住宅を目指しています。地震に強い基礎、必要な量の耐力壁、バランスの良い耐力壁(偏心率)についての検討を行っています。

4.バリアフリー

床の段差をなくし、手すりを設けるなどバリアフリーにします。また、身体機能が低下し、介助が必要になった時のために、寝室やトイレ、浴室などに介助用のスペースを十分に設けています。また、階段も緩やかにして、転倒などの危険を未然に防いでいます。

ブルケンの家では上記4項目すべての技術基準をご要望に応じてクリア可能です。また、火災保険の料率がお得になる省令準耐火構造の工法を標準化する取り組みも始めています。